三菱自、排ガス規制違反のエンジン使用か…ドイツ検察が捜索

読売新聞 / 2020年1月22日 14時36分

【ベルリン=石崎伸生】ドイツのDPA通信などによると、独検察当局は21日、独国内にある三菱自動車の複数の関係先を捜索した。三菱自のディーゼル車について、排ガス規制に違反したエンジンが使用された疑いがあるという。 捜索は、フランクフルト近郊の三菱自の事業所や自動車部品会社の拠点など計10か所で行われた。三菱自が試験時に不正に有害物質の排出を減らす装置を搭載していた疑いが持たれている。2015年9月以降に登録された排気量1・6リットルと、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング