伊集院静氏、くも膜下出血で緊急手術していた 経過は良好も予断は許さない状況

スポーツ報知 / 2020年1月23日 17時52分

作家の伊集院静さん(69)が21日にくも膜下出血で倒れ病院に緊急搬送されていたことが23日、分かった。所属事務所が発表した。現在の病状について、22日に行った手術は成功し経過も良好だとしたが、予断は許さない状況だと説明した。妻で女優の篠ひろ子(本名・西山博子)のコメント全文は以下の通り。寒くなって参りましたが皆様お元気でお過ごしでしょうか。突然ではございますが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング