武漢から来日の男性が新型肺炎…国内2例目

読売新聞 / 2020年1月24日 7時25分

中国・湖北省武漢市を中心に多発している新型コロナウイルスによる肺炎について、厚生労働省は24日、新たに国内で、武漢市在住の40歳代男性の感染が確認されたと発表した。国内で患者が確認されるのは2例目。 男性は武漢市から19日に来日。発熱とのどの痛みを訴え、22日に医療機関で肺炎の疑いがあると診断された。現在は東京都内の医療機関に入院している。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング