イオンやユニクロ休業、JTBツアー中止…現地の日本企業対応急ぐ

読売新聞 / 2020年1月25日 7時15分

中国で24日、春節(旧正月)の大型連休が始まった。国内の百貨店などは買い物客が増える書き入れ時として期待する。一方、中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大し、受け入れ側は警戒している。 東京・銀座の百貨店「松屋銀座」は24日午後、大勢の中国人客でにぎわった。春節期間中は免税品の売り上げが通常より10%伸びるとみている。 30日までの期間中、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング