松田瑞生が2時間21分47秒で2年ぶりV 東京五輪派遣設定記録を突破

スポーツ報知 / 2020年1月26日 14時32分

◆大阪国際女子マラソン(26日、ヤンマースタジアム長居発着)東京五輪マラソン女子代表の3人目を選考するMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジ第2戦として行われ、松田瑞生(24)=ダイハツ=が2時間21分47秒(記録は全て速報値)で2年ぶりの優勝を果たした。2時間22分22秒の派遣設定記録を突破した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング