八名信夫が徹子に語った悪役俳優の生活事情「死ねば死ぬほど生きていけるんだ」

スポーツ報知 / 2020年1月28日 13時5分

悪役として多数の映画やテレビドラマに出演した俳優の八名信夫(84)が28日に放送されたテレ朝系「徹子の部屋」(月~金曜・正午)に登場し、悪役ならではの事情について語った。八名は俳優になる前はプロ野球・東映フライヤーズ(現北海道日本ハムファイターズ)で投手だった。しかし、23歳の時にケガのため現役引退。そのときに(球団オーナーで親会社の)東映の大川博社長の命令として映画俳優になることになった。俳優になるも出演料は(当時の貨幣価値で)1回400円で1か月2000円たらず。「これじゃ食っていけない。ある時、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング