引退の豪栄道が武隈親方に、大阪・寝屋川市は初の市民栄誉賞検討

スポーツ報知 / 2020年1月28日 16時14分

日本相撲協会は28日、大関・豪栄道(33)=境川=の現役引退と年寄「武隈」の襲名を発表した。引退会見は29日に行う。今後は境川部屋付きの武隈親方として後進を指導する。自身9度目のカド番だった初場所で負け越し、関脇への転落が決まっていた。大関のまま引退するのは2011年名古屋場所の魁皇以来。通算成績は696勝493敗66休で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング