写真

会見した原告のDMM男性社員

不当な解雇などを受けてDMM.com(本社・東京都港区)に慰謝料を求める訴訟を男性社員が起こしたところ、DMM側が発表したコメントで、名誉が毀損されたとして、この男性が2020年2月12日、同コメントの削除や謝罪文の掲載などを求めて東京地裁に別の訴訟を提起した。 19年11月の提訴後に発表された「亀山コメント」 訴状と会見の内容によると、法曹資格を持つ原告の男性社員がDMMのコンプライアンス問題を指摘したところ、上司から違法行為を見逃すように言われた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング