東芝と東電が新会社設立へ…柏崎刈羽原発の安全対策工事請け負い

読売新聞 / 2020年3月28日 20時55分

東芝と東京電力ホールディングス(HD)は、東電柏崎刈羽原発6号機(新潟県)の安全対策工事を請け負う共同出資会社を設立する方針を固めた。 関係者によると、東芝の完全子会社の東芝エネルギーシステムズ(川崎市)と東電HDが50%ずつ出資し、4月に新会社を設立する。7月から本格的に事業を始める方針で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング