引退・蒼国来が歩んだ波乱万丈の土俵人生…八百長疑惑による引退勧告、空白の2年にも屈せず貫いた相撲への思い

スポーツ報知 / 2020年3月29日 12時25分

元幕内で東幕下筆頭・蒼国来(36)=荒汐=が今月26日付で現役引退をし、年寄「荒汐」を襲名して荒汐部屋を継承することが発表された。中国・内モンゴル出身の蒼国来は、2011年に八百長問題に関与していたとして解雇されたが、解雇無効を求めて日本相撲協会を提訴。2年近い裁判を経て勝訴を勝ち取り、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング