自殺のドイツ州財務相、ウイルス対応苦慮か…首相「絶望していた」

読売新聞 / 2020年3月31日 8時2分

【ベルリン=石崎伸生】ドイツのDPA通信などによると、独西部ヘッセン州のシェーファー財務相(54)が28日、州内の鉄道の線路近くで死亡しているのが見つかった。新型コロナウイルスへの対応に追われており、自殺した可能性があるという。 ヘッセン州のブフィエ首相は29日、「シェーファー氏は経済的な援助で人々の期待に応えられるか悩んでいた。出口を見つけられず、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング