「自粛疲れ」に警鐘、5都府県で医療崩壊のおそれ…専門家会議

読売新聞 / 2020年4月1日 21時36分

新型コロナウイルス感染症対策を検討する政府の専門家会議(座長=脇田 隆字 ( たかじ ) ・国立感染症研究所長)は1日、東京都を含む5都府県で感染者が増え、医療崩壊が起きるおそれがあるとして懸念を表明した。「感染拡大警戒地域」では、新学期に入っても学校の一斉休校を検討すべきだと求めた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング