金融市場「異常な混乱と緊張ある」…FOMC議事要旨

読売新聞 / 2020年4月9日 10時22分

【ワシントン=山内竜介】米連邦準備制度理事会(FRB)は8日、約4年3か月ぶりに事実上の「ゼロ金利政策」を復活させた3月15日の臨時連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨を公表した。参加者は、新型コロナウイルスの感染拡大で「米経済の見通しが数週間で急激に悪化した」との認識を共有し、「強力な金融政策」に踏み切ることを決定した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング