写真

三井不動産公式サイト

賃貸オフィスや「ららぽーと」などの商業施設、「三井ガーデンホテル」、分譲マンションなどを手がける三井不動産が発表した2021年3月期連結決算の業績予想は、純利益が前期比34.8%減の1200億円と10期ぶりの減益を見込む。好調なオフィス需要などを背景に20年3月期まで6年連続で最高益を更新してきたが、一転して2桁の減益。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング