香港の自治破壊・権威主義にのみ込まれる…米国務長官が非難

読売新聞 / 2020年7月1日 12時22分

【ワシントン=蒔田一彦】米国のポンペオ国務長官は6月30日、国家安全維持法が施行されたことについて、「香港の自治を破壊する」と非難する声明を発表した。香港の「一国二制度」が損なわれたとし、香港に適用してきた優遇措置の撤廃を進める方針を改めて示した。 ポンペオ氏は国家安全維持法が、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング