「ボーナス減った」3割、コロナ影響で倍増…日本生命アンケ

読売新聞 / 2020年7月4日 18時23分

日本生命保険のアンケートによると、今夏のボーナスが減った人の割合は30・1%と、昨年の14・3%から倍増した。新型コロナウイルスによる世界的な景気後退が影響し、製造業では42・2%、「生活関連サービス業、娯楽業」では40・0%に上った。 平均支給額は昨年より5万6000円減り、55万4000円となった。ボーナスを貯蓄などに回す人は56・2%で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング