熊本豪雨、激甚災害に指定へ…被害状況見極めて範囲検討

読売新聞 / 2020年7月6日 11時50分

政府は6日、熊本県の 球磨 ( くま ) 川流域を中心に広範囲で冠水や土砂災害などが発生した豪雨被害について、激甚災害に指定する方向で調整に入った。被災地など九州各地では6日も雨が続いており、被害がさらに拡大する恐れもあることから、政府は災害の状況を見極めながら、指定の範囲などを検討する。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング