PCで登録ないことを確認したのに、投票資格ない男性に投票用紙交付

読売新聞 / 2020年7月7日 17時46分

東京都台東区選挙管理委員会は6日、5日投開票の都知事選で投票資格のない区民の男性に誤って投票用紙を交付したと発表した。誤りに気づく前に男性が投票を済ませたため、有効票として扱われた。 発表によると、男性は告示の3か月前を過ぎた今年5月中旬に他区から転入しており、区の選挙人名簿に登録されていなかった。男性が今月5日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング