未成年被害者の捜査資料、県警がファクス誤送信…番号押し間違う

読売新聞 / 2020年7月7日 21時20分

福島県警は7日、須賀川署が青少年健全育成条例違反事件の捜査資料を福島地検郡山支部にファクスで送る際、同県須賀川市の会社事務所に誤って送信したと発表した。資料には、18歳未満の被害者の名前や生年月日、容疑者の住所などの個人情報が記されていた。同署は資料を回収して被害者の保護者に謝罪した。 発表によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング