警視庁の機動隊員、拳銃で自殺図ったか…頭に銃弾貫通の痕

読売新聞 / 2020年7月8日 11時16分

8日午前3時半頃、東京都千代田区富士見の路上で、警視庁第5機動隊の男性巡査長(25)が頭から血を流して倒れているのを通行人が発見した。巡査長は病院に搬送されたが、意識不明の重体。頭部に銃弾が貫通した痕があり、近くに拳銃が落ちていた。警視庁は、貸与の拳銃で自殺を図ったとみて調べている。 麹町署幹部によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング