九州を襲った梅雨末期の豪雨が岐阜・長野にも広がり、「もう九州だけではなくなりました」と司会の国山ハセンが警戒を呼びかけた。スペシャルコメンテーターの辛坊治郎(シンクタンク経営者・ニュースキャスター)は、「大水害が毎年なのは、明らかに地球温暖化の構造的な問題で、ダムや堤防ではもう防げない」として、危険な現状と発想転換の必要を強調した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング