国内で新たに431人の感染確認…400人超は4月24日以来

読売新聞 / 2020年7月11日 7時5分

国内の感染者は10日、23都道府県と空港検疫で新たに431人が確認され、累計は2万1194人となった。1日あたりの感染者数が400人を超えるのは、緊急事態宣言中の4月24日以来で、同宣言解除後は初めて。死者は確認されなかった。 大阪府では、新たに10~80歳代の男女22人の感染が確認された。10~20歳代の感染者は14人で全体の6割を占めた。22人のうち13人が感染経路不明だった。 鹿児島県では、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング