日経平均終値、493円高の2万2784円…1か月ぶり高値も「感染拡大の懸念根強い」

読売新聞 / 2020年7月13日 18時49分

週明け13日の東京株式市場は全面高の展開となった。日経平均株価(225種)の終値は前週末比493円93銭高の2万2784円74銭と、6月10日以来、約1か月ぶりの高値をつけた。 米国で新型コロナウイルスの治療薬開発への期待が高まり、前週末のニューヨーク株式市場で株価が上昇したことが好感された。中国の上海総合指数が上昇したことも投資家心理の支えとなり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング