市の副課長、有休申請せず1年で23回欠勤…懲戒処分

読売新聞 / 2020年7月14日 7時51分

熊本市は10日、職務を怠慢したなどとして、25~60歳の職員4人を戒告の懲戒処分とした。 発表によると、健康福祉局の男性副課長(48)は2019年度に23回、年次有給休暇の申請を行わないまま欠勤。東区役所の女性主任主事(60)は3月、孫のパスポートを申請するため、娘や孫らの住所など個人情報が記載された資料を無断で外部に持ち出した。 また、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング