果樹に被害、カメムシ大量発生…暖冬原因か・県全域に注意報

読売新聞 / 2020年7月14日 8時19分

リンゴやナシなどに害を及ぼす「果樹カメムシ類」が大量発生しているとして、群馬県は13日、県内全域に発生予察注意報を発令した。県内での発令は2014年度以来6年ぶり。特に多いのがチャバネアオカメムシで、県農業技術センターは農薬散布など農家に早期の対策を求めている。 同センターによると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング