中国が尖閣周辺で「現状変更を執拗に継続」…防衛白書で批判

読売新聞 / 2020年7月14日 19時37分

政府は14日午前の閣議で、2020年版防衛白書を了承した。沖縄県の尖閣諸島周辺での中国の活動について、「一方的な現状変更の試みを 執拗 ( しつよう ) に継続している」と厳しく批判した。新型コロナウイルスの感染問題を契機に中国が世界で影響力の拡大を図っているとして、「重大な関心を持って注視」すると警戒感を示した。 河野防衛相は閣議後の記者会見で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング