ホンダ、車のシート用素材使った椅子発売…抗ウイルスの機能も

読売新聞 / 2020年8月1日 23時29分

ホンダは、自動車のシート用素材を使ったオフィス用椅子を事務機器メーカーの内田洋行と共同開発した。素材には、抗ウイルス・抗アレルギーの機能があるという。新型コロナウイルスの流行で高まる職場の衛生意識に応えたとしている。 使われるのは、アレルギーの原因となる物質やインフルエンザウイルスなどの働きを失わせる薬剤を染み込ませたポリエステルの布地だ。燃えにくく、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング