写真

銚子電鉄のユーチューブ公式チャンネル「激辛チャンネル」で窮状を訴える竹本社長

千葉県の北東端、観光名所・犬吠埼を擁する銚子半島で6.4キロメートルの鉄道を運行する銚子電鉄。慢性的な経営難で知られているが、新型コロナウイルスの影響で、頼みの観光客の足が途絶え「創業以来の危機」に見舞われている。そこで同社では「売れるものは何でも売る!」と、なりふり構わぬサバイバル作戦の実施を決意。YouTube(ユーチューブ)に公式チャンネル「激辛(げきつら)チャンネル」を開設。その第1弾で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング