菅内閣の発足に伴い、安倍首相の側近で「官邸官僚」とも呼ばれた経済産業省出身の今井尚哉首相補佐官兼首相秘書官、佐伯耕三首相秘書官、長谷川栄一内閣広報官がそろって退任した。 3氏は、新型コロナウイルス対策や、外交を含む政権運営全般に影響力があったとされる。 警察庁出身で事務のトップの杉田和博官房副長官と、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング