写真

マスク除菌ケース「紫外君」を手にする佐野社長(川崎市高津区で)

新型コロナの感染拡大により、日々の生活でマスクの着用は欠かせない。そんな中、医療機器製品の開発・製造を手掛ける太洋工業(川崎市高津区)は、マスクを紫外線で除菌するケース「紫外君」を開発した。昨年11月の販売開始以来、注文はうなぎ登りで、今月からは川崎市のふるさと納税の返礼品にも加わった。 ケースは縦約20センチ、 [全文を読む]

×


トピックスRSS

ランキング