写真

エサを工夫し、全雌化に成功したチョウザメ(新宮市の近畿大水産研究所新宮実験場で)

和歌山県新宮市の中心部から車で約20分。曲がりくねった山道の先に、近畿大水産研究所の新宮実験場がある。広大な敷地には30基の水槽があり、大きいもので小学校プールの半分くらい。個々の水槽の中では魚が悠々と泳いでいた。 1974年に三重県内から移転し、開場。それ以来、近くの高田川の水をいけすに引き、 [全文を読む]

×


トピックスRSS

ランキング