1. トップ
  2. トピックス
  3. 社会
写真

両親は瑛大君の「お骨」が入ったブレスレットを身に着けている

昨年9月に福島県の猪苗代湖・中田浜(会津若松市)の沖合でボートに巻き込まれた千葉県野田市の小学3年豊田瑛大君(当時8歳)が死亡、2人が重傷を負った事故から1年余り。福島県警は14日、ボートを操縦していた東京都中央区、会社役員の男(44)を業務上過失致死傷容疑で逮捕した。瑛大君の両親は「瑛大を失った悲しみは癒えない」とコメントを出した。 発表によると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング