ロシアが日本のミサイル防衛に懸念表明、3年4か月ぶりに防衛相会談

ロイター / 2017年3月20日 14時2分

[東京20日ロイター]-日本とロシアは20日、都内で3年4カ月ぶりに防衛相会談を開き、ロシア側は日本に配備された弾道ミサイル防衛(BMD)システムに懸念を表明した。日本側は自衛のために必要と説明する一方、ロシアによる北方領土(南クリル諸島)の軍備増強に改めて抗議した。 日本側の説明によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング