写真

<description role="descRole:caption">9月20日、イランのザリフ外相(写真)は、中東の「平和的解決」を目的とした連合を形成するという米国の構想を疑問視し、自国の外交的取り組みを列挙した。モスクワで 2日撮影(2019年 ロイター/Evgenia Novozhenina)</description>

[ドバイ20日ロイター]-イランのザリフ外相は20日、中東の「平和的解決」を目的とした連合を形成するという米国の構想を疑問視し、自国の外交的取り組みを列挙した。また、米国は中東の市民よりも石油を重視していると指摘した。 ポンペオ米国務長官は19日、サウジアラビアの石油施設への攻撃を受け、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング