前場の日経平均は小幅反発、ソニー・任天堂に売り

ロイター / 2019年3月20日 12時27分

[東京20日ロイター]-前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比16円78銭高の2万1583円63銭となり、小幅に反発した。米中通商合意の動向が不透明の中、上値追いには慎重な姿勢がみられる。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を見極めたいとする向きも多く、朝方からポジション調整主体の取引が続いた。 米中の閣僚級通商協議が来週再開する見通しとなったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング