写真

ミズーリ州セントルイスの病院で、銃撃事件被害者の手術をしたローリー・パンチ医師がはいていた靴。2018年11月撮影。同医師提供(2019年 ロイター/Laurie Punch)

DanielTrotta [ニューヨーク15日ロイター]-全米ライフル協会(NRA)との最近の衝突が、銃撃事件の被害者治療にあたる医師たちの一部に、自らのトラウマを癒す方法を提示した。それは銃暴力への反対活動に参加することだ。 銃創を手当てした外科医が発症する心的外傷後ストレス障害(PTSD)は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング