アングル:銃撃治療で心を病む米医師たち、反対運動が救いに

ロイター / 2019年5月21日 8時2分

DanielTrotta [ニューヨーク15日ロイター]-全米ライフル協会(NRA)との最近の衝突が、銃撃事件の被害者治療にあたる医師たちの一部に、自らのトラウマを癒す方法を提示した。それは銃暴力への反対活動に参加することだ。 銃創を手当てした外科医が発症する心的外傷後ストレス障害(PTSD)は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング