写真

 5月19日、スイスで国民投票が実施され、法人税および年金制度の改革が可決された。賛成票は66%、反対票は34%だった。写真はスイスフラン紙幣。4月にチューリヒで撮影(2019年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[チューリヒ19日ロイター]-スイスで19日に国民投票が実施され、法人税および年金制度の改革が可決された。賛成票は66%、反対票は34%だった。 スイスでは法人税の税率が他国よりも低く、多国籍企業を優遇する措置を取っている。2年前にも税制改革の是非を問う国民投票が実施されたが、否決されていた。 欧州連合(EU)や経済協力開発機構(OECD)からの圧力を背景に、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング