1. トップ
  2. トピックス
  3. 国際

【サンパウロ時事】メキシコのロペスオブラドール大統領は3日、南東部ユカタン半島のキンタナロー州で、先住民マヤに対する古今を通じた迫害を謝罪した。半島は、紀元前1000年ごろから16世紀にかけて栄えたマヤ文明の中心地。同氏はローマ教皇やスペイン国王に、植民地時代の人権侵害を謝罪するよう求めてきた。左派のロペスオブラドール氏は「3世紀にわたる植民地時代と2世紀にわたるメキシコの歴史において、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング