写真

8回に同点にされ、則本は思わず顔をしかめた(夕刊フジ)

パ・リーグ首位の楽天は19日の西武戦(メットライフ)で延長12回、4-5でサヨナラ負け。先発のエース・則本昂大投手(26)が8回に追いつかれ、ここまで無失点投球を続けてきたドラフト5位ルーキー・森原康平投手(24)=新日鉄住金広畑=が痛打を浴び、連勝は「4」でストップした。「則本の続投?リリーフを休ませたかったのは確かにある。少なくとも森原を使うつもりはなかった」梨田昌孝監督(63)はそう明かした。7回まで2失点ながら既に116球を投げていた則本を8回のマウンドに送ったが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング