任侠山口トップ襲撃「ヒットマン」の正体 神戸山口組・井上組長の養子で警護役、高かった忠誠心

夕刊フジ / 2017年9月21日 17時12分

神戸市長田区で今月12日、指定暴力団神戸山口組から離脱した任侠山口組の織田絆誠代表(50)の警護役組員(44)が射殺された事件で、兵庫県警が殺人容疑で指名手配した神戸山口組系ヒットマン、菱川龍己容疑者(41)。神戸山口組の井上邦雄組長がトップを兼ねる中核組織「山健組」傘下組織の組員で、井上組長の警護を務めるなど忠誠心が高かったという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング