北朝鮮の実験はICBM開発の一環か、米本土攻撃能力はまだ=アナリスト

ロイター / 2017年3月21日 10時5分

[ソウル20日ロイター]-北朝鮮が高出力ロケットエンジンの地上燃焼実験に成功したと発表したことについて、アナリストからは、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)に関する技術を習得し、近く実証してみせる可能性があるものの、まだ米国本土を攻撃する能力はないとの見方がでている。 北朝鮮の実験について、韓国国防省報道官は20日、主エンジンと4つの補助エンジンを組み合わせたもので行っており、北朝鮮のエンジン開発がかなり進展していることを示すと指摘。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング