日経平均は3日続落、米中協議に不透明感 日銀ETF買い観測は支え

ロイター / 2019年11月21日 15時32分

[東京21日ロイター]- 東京株式市場で日経平均株価は3日続落した。米中通商協議の「第1段階」の合意が来年まで持ち越される可能性が出てきたことで株高の前提に疑念が生じた。トランプ米大統領が米議会が可決した香港人権法案に署名する見通しと伝わったことも米中対立の激化を想起させ、東京市場では朝方から幅広い業種で売りが先行。下げ幅を一時400円超に拡大した。その後、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング