写真

 5月21日、複数の関係筋が明らかにしたところによると、ドイツ銀行の一部の大株主が、パウル・アハライトナー会長(写真)の後継計画の策定を求めている。2018年5月撮影(2019年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[フランクフルト21日ロイター]-複数の関係筋によると、ドイツ銀行の一部の大株主が、パウル・アハライトナー会長の後継計画の策定を求めている。アハライトナー氏の任期は2022年までだが、23日の年次株主総会を控え、任期満了前の退任を求める声が出ているという。 ドイツ銀行はコメントを控えている。 関係筋は匿名を条件に、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング