株価1万5000円割れ招く「3大危機」 トランプ政権崩壊、半島有事、安倍氏退陣

夕刊フジ / 2017年8月22日 17時12分

株式市場に異変が生じている。日本企業の業績は好調で、4~6月期国内総生産(GDP)も年率4%の高成長を記録したにもかかわらず、日経平均株価は一時、1万9500円を下回った。市場では、さらに1万5000円近辺まで暴落してもおかしくないという国内外の重大危機の存在が指摘されている。前週末の18日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング