CSへのキーマン、阪神・上本評価が“真っ二つ” 「要所でポカ」「粘り強い」

夕刊フジ / 2017年9月22日 17時6分

クライマックスシリーズ(CS)に向けて、阪神のキーマンとなるのが上本博紀内野手(31)。猛虎打線の“つなぎ役”だ。今季は115試合に出場し、打率・282、8本塁打、34打点、15盗塁(20日現在)。すべての試合で二塁を守り、先発96試合で2番を務める。打席では粘りがあり、一、二塁間に打つかと思えば、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング