[台北22日ロイター]-台湾にある米代表機関、米国在台協会(AIT)台北事務所のブレント・クリステンセン所長は22日、中国が台湾総統選挙に影響を及ぼそうとしていると懸念を表明した。 台湾は、中国が国産空母に台湾海峡を通過させるなどし、来年1月の総統選を控えた台湾の民主化プロセスに介入しようとしていると非難している。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング