ゴーン・ケリー両氏の金商法違反、「無罪の可能性高い」=郷原弁護士

ロイター / 2020年1月22日 17時35分

[東京22日ロイター]-日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告の事件で検察側に批判的な元東京地検特捜部検事の郷原信郎弁護士は22日、ゴーン被告と側近だった日産前代表取締役グレッグ・ケリー被告の金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)について、両被告とも「無罪の可能性が高い」と述べ、ゴーン被告の会社法違反(特別背任)に関しては「絶望的に長期間の刑事裁判になっていただろう」との見方を示した。 <金商法違反、刑事事件としての立件は「異常」> 郷原氏は同日、日本外国特派員協会で会見。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング