エチオピア航空事故機の機長、737MAX機の模擬訓練受けず=同僚

ロイター / 2019年3月22日 10時55分

[アディスアベバ21日ロイター]-乗客乗員157人が死亡したエチオピア航空の墜落事故で、事故機を操縦していた機長がボーイング737MAX8型機のフライトシミュレーターによる飛行訓練を受けていなかったことが、同僚パイロットの話で明らかになった。 このパイロットはロイターに対し、事故機を操縦していた機長は3月末に短期研修を受ける予定だったと語った。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング