スリランカ爆発、自爆犯7人が実行 「国際ネットワークが関与」

ロイター / 2019年4月22日 20時11分

[コロンボ22日ロイター]-スリランカ捜査当局は22日、同国の教会や高級ホテルで21日発生した連続爆発について、7人の自爆犯が関与したとの見解を示した。 連続爆発では290人が死亡、500人以上が負傷した。 政府報道官は、国際的なネットワークが関与しているとの見方を示している。 捜査当局によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング