英閣外相が辞任、「合意なき離脱」への保守党内の反発浮き彫り

ロイター / 2019年7月22日 20時20分

[ロンドン22日ロイター]-英国のダンカン外務担当閣外相が22日辞任した。次期首相の最有力候補、ボリス・ジョンソン氏の欧州連合(EU)からの「合意なき離脱」も辞さない姿勢に対する与党・保守党内の強い反発が浮き彫りになった。ダンカン氏はこれまでもジョンソン氏に批判的な立場だった。同氏はツイッター公開した書簡で「英国は欧州で知的にも政治的にも支配的な立場になり得たが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング